自分に合った仕事を探す情報サイト

自分に合った仕事選び

自己分析で仕事を探す

自己分析で仕事を探すと聞くと、何か精神的な感じも受けますが、近年では適正検査というものもあります。
適性検査に関する書籍もずいぶんと出ていますが、就職試験では一次試験で用いる企業も多くあります。
このような適応試験の問題を解いて、自分の得意分野を見出すことも手段の一つなのかもしれません。

また、性格診断テストをやってみて、自分はどのような性格なのかをあらためて知ることで、向いている仕事が見つかる可能性も出てきます。
手先が器用で、何事にも集中して取り組める人なら、製造業が向いているのではないでしょうか。
年齢を問わず、人と話すのが好きなら営業職やサービス業などと分析結果に応じて自分に合った仕事が絞られてきます。

過去の仕事を活かす

アルバイトや正社員、契約社員などいずれか経験してきた場合は、そこでの仕事内容について自分に合っていたかどうかを考えて見ましょう。
アルバイトは、学生時代から数えていろんな仕事をされてきた人も多いと思われます。
コンビニやスーパー、飲食店の店員などサービス業が多くあるようです。
このような仕事を経験してきた人であれば、接客としていろんな人と話をする機会が多かったですし、仕事を俊敏にこなすことにも慣れていたと思われます。

今まで、培ってきた仕事はどんな現場でさえ必ず役に立ってきます。
ですから、求人広告だけをじっと眺めるのではなく、今まで自分がやってきたこと、自分の性格や得意分野など見つめなおすことから始めるのが一番の近道なのではないでしょうか。