自分に合った仕事を探す情報サイト

運命の仕事に出会う

職種の意味と分類

みなさんは、職種と聞いてどんなものをイメージしますか?

職種とは職務の種類の事で、大まかに事務職や営業職、技術職など様々にあります。
営業職の場合、自動車の販売や食品の販売、IT商品の販売など様々です。
事務職にも、経理や人事、総務や医療事務など細かく分けられています。
ですから、自分は事務がやりたいといっても具体的にどんな事務職に就きたいのかを考えて行かなければ面接のときにも苦労するのは必至です。

そのことをしっかりと考えて、自分が何をやりたいのかしっかりと考えていきましょう。

営業職や事務職の他に、技術職やサービス職、専門職なんかも職種の一つです。
技術職には、IT関連のものから機械や電気、建築などたくさんあります。

業種の意味と分類

業種にも様々なものがあります。
よく耳にする業種といえば、建設業や不動産業などあると思いますが、もちろんそれだけではありません。
サービス業や商業、情報通信業や金融業、保険業とあらゆる業種があります。
お気づきかも知れませんが、製造業など最後に業がつけば業種であり、営業職のように最後に職がつけば職種となるわけです。
建設業やサービス業といったものは、業種の中でも大分類に当てはまるもので、これを細かく分けたものを中分類と呼ばれます。
建設業の場合は中分類も建設業ですが、製造業の場合、食料品や医薬品、繊維製品や金属製品などさまざまなものに分類されます。
ちなみに、サービス業の中分類はサービス業であり、職種とは違います。